ニュース

共働き世帯の支援を強化?というお話

平成30年分以後の所得税住民税で配偶者控除と配偶者特別控除が見直しされます。

今までは、配偶者の所得金額(給与収入なら年103万円以下)だけで適用されていた配偶者控除が納税者本人の所得金額にも条件が付きました。

条件といっても、納税者本人の給与収入が年1,120万円を超えた場合なので多くの人には、影響がありませんが、一応こちらは増税です。

それに比べて、配偶者特別控除は減税になります。

 

 

関連記事

  1. ニュース

    今年から医療費控除が変わりました

    先日、税理士会が行う確定申告無料相談に行ってきました。そこでち…

  2. ニュース

    資料の整理が経理のハードルを下げるというお話

    これは、自分(自社)で会計を利用するためにすべきことの基本であり、最も…

  3. ニュース

    お代 必要? 不必要?

    すっかり日が長くなり、春を感じる今日この頃です。夏の足音は、、…

  4. ニュース

    儲かっている親などの会社を引き継ぎしやすくなったというお話

    利益が出ている親の会社を引き継ぐときに心配になるのが、贈与税や相続税な…

  5. ニュース

    新たな医療費控除は利用されるの?

    ようやっと、先早速、セルフメディケーション税制の内容を簡単にお…

  6. ニュース

    相続には期限がつきものというお話

    まず、3か月以内さらに、4か月以内最後に、10か月以内…

石原税理士事務所 公式ホームページ

最新記事

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP