ニュース

共働き世帯の支援を強化?というお話

平成30年分以後の所得税住民税で配偶者控除と配偶者特別控除が見直しされます。

今までは、配偶者の所得金額(給与収入なら年103万円以下)だけで適用されていた配偶者控除が納税者本人の所得金額にも条件が付きました。

条件といっても、納税者本人の給与収入が年1,120万円を超えた場合なので多くの人には、影響がありませんが、一応こちらは増税です。

それに比べて、配偶者特別控除は減税になります。

 

 

関連記事

  1. ニュース

    民法改正で、お母さんが追い出されない?!というお話

    約40年ぶりに民法の相続絵税分野の見直しが、行われるそうです。…

  2. ニュース

    資料の整理が経理のハードルを下げるというお話

    これは、自分(自社)で会計を利用するためにすべきことの基本であり、最も…

  3. ニュース

    儲かっている親などの会社を引き継ぎしやすくなったというお話

    利益が出ている親の会社を引き継ぐときに心配になるのが、贈与税や相続税な…

  4. ニュース

    やっぱり上がる!?消費税率

    最近 頭の中でHなんちゃらwith○が流れている 石原です。懐…

  5. ニュース

    相続には期限がつきものというお話

    まず、3か月以内さらに、4か月以内最後に、10か月以内…

  6. ニュース

    新たな医療費控除は利用されるの?

    ようやっと、先早速、セルフメディケーション税制の内容を簡単にお…

石原税理士事務所 公式ホームページ

最新記事

カテゴリー

2019年2月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
PAGE TOP